ホーム > システム監査技術者(概要)
参考書・問題集 用語集 リンク
システム監査技術者
受験資格 制限なし
対象者像 被監査部門から独立した立場で、トップマネジメントの視点で、情報システムが経営に貢献しているかどうかを、 安全性、効率性、信頼性、可用性、機密性、保全性、有用性、戦略性など幅広い側面から総合的に調査し、 あるべき姿を描くことによって自ら形成した判断基準に照らして評価し、問題点について説得力のある改善勧告を行う者
出題内容 コンピュータシステム II
システムの開発と運用 III
セキュリティと標準化 III
情報化と経営 II
監査 III
出題形式 午前 :多岐選択式(四択) 計55問
午後 I :記述式       計4問中、3問選択
午後 II:論述式(小論文)  計3問中、1問選択
試験時間 午前 :100分
午後 I :90分
午後 II:120分
受験日程 春(10月第3日曜日) 合格発表日 試験日から約2ヶ月後
合格基準 午前・午後 I ともに800点中、600点以上
午後 II は評価ランク"A"〜"D"の内"A"
合格率 7.3%(H17 春)
受験手数料 5,100円
お問い合わせ IPA(独立行政法人 情報処理推進機構 情報処理技術者試験センター)
TEL:03-5978-7600 FAX:03-5978-7610